音楽

2016年紅白歌合戦 紅白疑ってん 東京事変

明けましておめでとうごさいます。

東京は穏やかに晴れています。
今年の抱負は、この天気のように穏やかに暖かく、だけど少しの努力と進歩をしよう!

皆様の一年も素敵な事がたくさんありますように。どうぞ今年も、宜しければたまには読んで頂けると嬉しいです。

🎍🎍🎍

んで。

我が家は年寄りも若者も混在しているので、大晦日は中間意見をとって紅白を見る。
おばあちゃんに理解不能な番組は録画しておいて後で観る、というのが恒例の暗黙ルールですが、
大晦日は紅白と決めてしまえば充分楽しめます。

武田真一アナウンサーにサラリーマンの悲哀とプロ根性を見た。
タモリとマツコのゆるい掛け合いが結構楽しい。これ普段30分番組にならないかな。
ガッキーの、仕方なく国民の期待に応えたチョコっとの恋ダンスが大人だな。
本当はゴジラをやっつけるのは『世界に一つだけの花』の予定だったのかな。
大トリでメドレーを立派に歌える嵐がいるから、SMAPがいなくても日本は大丈夫。

とかね(笑)

昨晩紅白歌合戦を観た人の共通の話題。

何故あの状況で赤組が勝つのか?

Twitterとかほぼ炎上でしたね(^◇^;)

紅白歌合戦の勝敗にこだわって、このままじゃスッキリ年を越せないっ!て思っている人が日本にはこんなにたくさんいるんだ!ってことに驚いた(笑)

でもまあ、一曲一曲考えて、マジメに投票していた視聴者にとっては、大多数の民意が特別審査員の一票の重さの元にいとも簡単に覆されるってことに納得いかなくて、不正だとか疑ってかかるのも当たり前。
だってどう考えても白組がよかったよ。相葉くんファンとか関係なく。

でもそんな中、個人的には、赤組勝っても許しちゃうって思った。
やっぱりまゆゆは可愛いし、PUFFYが聴けてよかったし、夜桜お七&天城越えはやっぱええわ。
そして何より!
青春の瞬き。








いやー、長岡さんはきっと出るんだろうと思ったけど、亀田さんが映った時はびっくり。
そして、なかなかはっきり映らないけどキーボードとドラム。
刃田さんと伊澤さんに見えるような気もする、でもそんなはずないから言わないでおこう。
って、思いながら林檎さんより後ろが気になって仕方がないまま観ていたら、やっぱりそうだった!
わかった時は思わす拍手をしてしまいましたです。

椎名林檎と言う人は、すごくNHKに気に入られている。
そこに『オリンピック関連』っていう肩書きが加わったから更に強い。

イエモンやX JAPANとも違い、他にも過去『紅白で再結成』とかいう見出しがついた人達とも違い、そんな見出しが付かなくても、なんの告知も、実際再結成もしないままさらりと都庁前で、喪服で、解散したままのメンバーで歌ってしまう。
そしてNHKがそれでよしとしている。

2020年にはどうなっちゃってるんだろう。

ゴジラぐらい大きな存在になってるんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゼルダ 1985-1990 CD+DVD BOX

このブログのタイトルはZELDAという80年代のガールズバンドの曲名だ。

実はほかにもブログを書いているけどどのブログも題名が思いつかず、どれもZELDAの曲名にしている。

ZELDAは私が大学生でバンドをやっていた時に一番好きで、毎日歌っていたしコピーもしていた。

最初の頃は暗い文学的な詩と曲調だったのが、途中でニューヨークだのレゲエだのが入ってきて、後半はかなり変わってしまったのだが、私自身も、暗い少女時代から20代になるとだんだんと南の島が好きになったりして、自分の変化とZELDAの変化がうまく合っていたので、解散するまでずっとファンだった。

もちろん当時はレコードをカセットテープにとって聞いていた。

大人になってからもCD化されたのは片っ端から買った。

ZELDAの歌てんこもりで当時映画館で観た三上博史主演映画「ビリーザキッドの新しい夜明け」のDVDも買った。GOLDEN☆BESTも持っている。

でも少し前に気づいた。「D.R.O.P」だけCDを持っていなかった。

Amazonやヤフオクで「ニンテンドーZELDAの伝説」と混じる検索結果をひたすら探すとたまに売られるのだが結構高くて、迷っていた。そもそも販売数もそんなに多くないから流通数も少ないのだろう。

そしたら、つい最近になってSONY MUSICから5枚+DVDのボックスが発売されていたことに気付いた。

なーんで今まで気づかなかったんだろう!!

アルバムは「D.R.O.P」以外は持っているのだけど、お客様の声で商品化実現したもので、最新リマスターだという。しかもDancingDaysのDVDやビデオクリップは持っていなかったので即買いして、それが今日届いた。

当時はビデオデッキも持っていなくて、かつZELDAはTVの歌番組にもめったに出なかったから映像は貴重。ブラウン管サイズの映像を見て一緒に歌った。私自身もう当時のような声は出ないので、高音のところは鼻歌で歌った(笑)

懐かしい、というよりも気持ちがそのまま当時に戻った。

ライナーノーツを2014年のSAYOKO本人が書いているのだが、当時を振り返りつつも今のSAYOKOの感想も書かれているのが自然でとてもよかった。

このセットの中に私の1985-1990の全ても詰まっている。

これを手に入れたことで、私が人生でやり残したことが一つ減ったような気がする。

ゼルダ 1985-1990 SONY MUSIC SHOP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懐メロで初音ミク

『懐メロ』といえば、皆さんは何を思い浮かべるだろうか?
一昔前なら裕次郎や美空ひばり、でも最近テレビの懐メロ特番だと、ザベストテンあたりの曲。久保田早紀とか八神純子系や沢田研二や中森明菜。それより新しい、平成の曲だってもはや懐メロ扱いになつてますよね。
もちろんその辺りも懐かしいんだが、私にとっての懐メロは、80'sの当時いわゆる『ニューウェーブ』(『ニューウェイヴ』なんて表記したりもする)だ。先日ふと無性に大村憲司のとある曲が聴きたくなってAmazonでCDを買った。当時のものは皆カセットテープで残ってるけど、もう我が家にはカセットプレーヤーがない。でも今大抵の昔のLPがCDになって売られてて、大抵Amazonで買うことができる。ありがたい世の中だ。
Amazonになくても中野プロードウェイの『メカノ』に行けばほぼ見つかる。
メカノで価格調査して、Amazonやヤフオクで出物を待つという手もある。
そんな感じで、私にとっての懐メロを着々手に入れては、運転中に聞く。

先日、10年以上乗ったbBを軽に乗り換えたら、今はカーステレオにCDを入れなくてもiPhoneからBluetoothで飛ばして聴けるということに気づき、その時もありがたい世の中になったなあって思ったんだけど。(笑)

それで、そんな感じで先日またAmazonを物色してたら、オススメの中に初音ミクが出てきた。
さすがにボーカロイドにはあまり興味ない。なのになんでオススメされたのかと調べてみたら、数年前に出た数枚のアルバムで、80sのパンクやニューウェーブを歌わせてるものだった。

曲名をみると、おお。
ハルメンズ、P-MODEL、ヒカシューに戸川純、そういえば聴きたいと思ってたプラスチックスまで。
これはちょっと聴いてみたい。

しかしオバサンが初音ミクのCDにお金を出すのに少し抵抗があったので(笑)

これまた数年ぶりとなるTSUTAYAに行ってみた。
阿佐ヶ谷のTSUTAYAはゴールド街を退いて南口へ移転してからほとんど行ってない。

私の聴きたい曲は大抵小さなTSUTAYAには置いてないんで、使えないって思って行ってなかった。でもひょっとして初音ミクなら置いてあるかもと出掛けてみると、やはりボカロのコーナーは品揃え豊富。そんなコーナーでオバサンが熱心にCDを物色している、という、よく考えるとAmazonで買うより恥ずかしいかもという雰囲気を醸し出しながら探してみると、興味ある5枚のうち3枚を発見した。

早速iTunesに落として、聴いてみた。

あら、これは意外と良いじゃないか。
そもそも当時はテクノポップをいかに人が機械のように歌うか、ギターを泣かせずに弾くかって試みをしてたけど、それを30年経って本当に機械がこんな風にコピーできるのね。なんの違和感もない。
演奏はもちろん、オリジナルの特徴ある歌い方を結構再現してるんだね。

楽しかったので、結局TSUTAYAにはなかった分をAmazonで買った。
テクノではないZELDAのハベラスを鏡音リンが歌ってるのがどうしても聴きたくて。
聞いてみると歌詞カードのコメントにあるように、確かに鏡音リンの声はちょっとサヨコに似ているかも。楽しかった。
ZELDAだけでボカロのアルバム出ないかなー。

そして気づいたけど、これらのアルバムに参加してるボカロ使いの人たちは、私と同世代または私より年上?
そうだよね、みんな自分の好きだった曲を歌わせてるから再現度が高いわけだ。
懐メロを懐かしがって聴くだけじゃなくて今の時代のツールを使って遊べるオジサン達、素晴らしいね。そして、それを手軽にパソコンにダウンロードして楽しんで聴くオバサン。

やっぱりありがたい世の中だ。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい文明開化

あっこれは事変だっ!
と、TV観てていきなり気づいた私でしたが、ファンの皆様は事前にご存知だったやうで…おはずかしや。

やー、ツアーはこの曲で更に盛り上がるでしょうと予感いたしますが、当たったチケットは12月のみ。
府中の森は狭き門のようで、のぞみ会員、シングルCD特典でリベンジ中。
…まさかウィーンホールでやるとかじゃないわよね?

東京メトロCM(メイキング)

 http://www.tokyo-wonderground.jp/swf/movie_player_making.swf

シングルもね!

空が鳴っている/女の子は誰でも Music 空が鳴っている/女の子は誰でも

アーティスト:東京事変
販売元:EMIミュージックジャパン
発売日:2011/05/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懐メロみっけ その1

最近、昔の曲をあれこれ聴いていると「あーあれも聞きたいな」というのが次々出てきてしまって。

CDもってないやつは、Youtubeで探してみると、結構「よくこんなのあったなー」っていうなつかしの秘蔵映像があったりして、いやはや、ほんとYoutubeはすごいね。

でもそれでも見つからないのは、今度はAmazonで検索すると案外マーケットプレイスにあったり、廃盤だったのが最近になってCDで再販されてるのを発見することができる。

んで、見つけたやつ。

Immigrant Music Immigrant

アーティスト:Gene Loves Jezebel
販売元:Beggars Banquet
発売日:2005/06/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

おお!これはなつかしや。2枚組で2000円未満だし、早速ショッピングカートへ。

 エポック・ドゥ・テクノ エポック・ドゥ・テクノ
販売元:
で詳細を確認する

エポック・ドゥ・テクノ (←Amazonリンク) 画像はAmazonがリンクがエラーになってしまうのでよそのを持ってきたけど、Amazonの説明によるとコシミハルのテクノ時代のアルバム「チュチュ」と「パラレリズム」のリマスターで昨年11月に出たばかりとな。

細野晴臣プロデュースだったんだなあ。

これも買っておくでしょう!

と、ショッピングカートへ。給料日になったら注文しよっと。

・・・思わず懐メロを買ってしまうお年頃になったなあと感じてしまいましたが、こういうのが出てるってことは、私のほかにも今コレが欲しい人がいるってことじゃん!

ひとりじゃないんだ、私っ(喜)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SuperflyのNewシングル発売だ

数ヶ月、ある友達にTELすると必ずメロディコールが『Alright!!』になってまして・・・

新曲出るのでそろそろ変えてみては・・・

てなわけでSuperflyの9thシングル“Dancing On The Fire”が11月18日発売。これもまたIXYのCMソングだよね。すでにかなり聞いたことありな印象。

だから今更買うのもどうか?と思えば、初回生産限定で40分のLive DVD付き。 9月2日のライブ全曲入っているんだって。

それなら是非ほしい。

ダイジェスト版みただけで結構盛り上がりました。やはりライブに行きたくなったがちょっと恥ずかしいだろうか・・・

「愛を込めて花束を」「やさしい気持ちで」「Alright!!」「How Do I Survive?」なんかが入ってるようざます。うれしや。

それから、通常のHPのほかに「ムービーオフィシャルHP」っていうのがあるのね。 SuperflyのBoxEmotionのTVCMとか、収録曲のムービーが見れる!

かなり大盤振る舞いなサイトです。

志帆って、最初はやっぱりファーストアルバムジャケの印象で「クセがある」印象だったんだけど、可愛いよねえ。と、映像見てて思いました。いや、若いっていいわねえ。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

私の懐メロ

DISCASからかなり前にリストに入れておいた、『マリーアントワネット』が送られてきた。

ストーリーはさておき、映像がきれいなのと、一応登場人物の名前が一通りわかるんで覚えやすくて、なんとか飽きずに見終えた。

途中で「ん?」て思った懐かしい曲が聞こえてきた。仮面舞踏会のシーンなんだけど。

マリーアントワネットで使われてる曲はキュアーとか、結構昔のが多いみたいだけどこの曲は? 

見ている間には思い出せず、タイトルロールで確認すると、”Siouxsie and the Banshees”

という文字列が。おおー、懐かしいなあ。ホンコンガーデンかあ!

久しぶりに聞きたくなってItuneで検索するとハッピーハウスだのイスラエルだのと次々に懐かしい曲名があって、思わずダウンロードしてしまった( ̄◆ ̄;)

つか、普段私のまわりに「ホンコンガーデンやハッピーハウス懐かし~」って言って通じる人、いないんだよな。他にもそういう曲やアーティスト、たくさんあるんだけど。

『マンマ・ミーア!』観てABBA が懐かし~、っていうようなメジャーな感じじゃないんだよね。うう、マイナーな青春時代だったのか、私。

だから、Ituneで古い曲見つけて、それが結構人気のグラフ高かったりすると、ちょっとうれしくてついついダウンロードしちゃったりさ。

・・・ま、どーでもいい話なんだけど。

マリー・アントワネット (通常版) [DVD] DVD マリー・アントワネット (通常版) [DVD]

販売元:東北新社
発売日:2007/07/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Once Upon a Time: The Singles Music Once Upon a Time: The Singles

アーティスト:Siouxsie and the Banshees
販売元:Polydor
発売日:2006/06/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Spa & Treatment

・・・あー、こういうタイトルつけると、また美容系のへんなトラバが来そう。

これは美容サロンの話じゃなくて、きょう行ってきたライブの話。

Zepp東京、東京事変ライブ行ってきました!

スタンディングのライブなんて何年ぶりだろう。若い子じゃあるまいし、ずっと立っていられるだろうか?後ろのほうでのんびり観ようか。

・・・などと思いながら結局最前列ブロックで観てしまいました。あはは。たぶん前列ブロックで最高齢だったんじゃないの?私。 だって心なしか去年より客層が若いような。すげー若い、小さい子が多い気がするのはファン層が変わったからか、前列だからか?

さすがにうねってる中にずっといるのは辛いので(つーか、暑い)うねらなくて済むよう、前列でも後方にいたのだけどそれでも、やー、近かった!

林檎女史も亀田師匠も近かったっ!!NHKホールとは違いほんとにすぐそこにいる。こーいうのがライブハウスの醍醐味だよね。

正直言って『娯楽』はあんまり予習していなかったので、なじみが薄い曲ばかりだったらどうしよーと思っていたけど、丸の内モラトリアムや透明人間もやっていただき、アンコールでは心もやっていただき、堪能いたしました。 もちろん娯楽の曲や閃光少女も生は良い!キラーチューンがCDで聴いていた時より耳に残り、帰りも聞きながら帰りました。

キラーチューン Music キラーチューン

販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2007/08/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

新曲の「閃光少女」は、盛んにSUBARUのCMで流れておりますが、明日発売。ポップで聴きやすい曲です。

閃光少女 DVD 閃光少女

販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2007/11/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(つか、キラーチューンと画像が同じにみえますが、違うのです。こっちはDVDですし)

・・・ツアーのTシャツ買いそびれたのが残念なり。

でもさー、チケット代のほかに強制的にドリンク代500円とるのってどうなのよ?最近はそれが普通なの?私の知ってるライブハウスは、チケット代にワンドリンク付いていたものだが。時代は変わったのかしらね。

娯楽(バラエティ) Music 娯楽(バラエティ)

アーティスト:東京事変
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2007/09/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (1)

本日発売『娯楽』

今日帰宅すると、Amazonに予約入れてあった東京事変のニューアルバムが届いてました。

娯楽(バラエティ) Music 娯楽(バラエティ)

アーティスト:東京事変
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2007/09/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最近のシングル2枚とコーディネートされたデザインでございます。

私は、以前椎名林檎は好きでなくて、東京事変になってからファンになりました。

これは多分、亀田さんの曲が好みにあっているからではないかと思ってましたが、ファンになってから椎名林檎の曲を聞いてみると、昔の曲もとてもよく感じられ、これは慣れなのか、以前はただの食わず嫌いだったのか?と不思議です。

で、今回のアルバムですが、亀田さんはかなり控えめでほとんどが伊澤さんか浮雲さんの曲。OSCAなんかは、嫌いじゃないけどスーパースターなんかに比べてイマイチぐっとくるものがないなあと思ってたので、どうでしょうかねえと半信半疑です。

とりあえず、来るべきライブツアーに備え(チケット確保済み♪)一通り聞いて見なければ、と、これを書きながらiTuneにインポートして、仕事疲れたからもう寝よっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The very worst of 有頂天

ちょっとネタギレ。新しいお店行ってないし魚は釣れないしバームクーヘン食べてないしシムシティはどうしても50万人にならないしさ。

で、昨日一日一人で車を運転する機会があり、この前買った有頂天のベスト(ワーストのほう)をずーっと聞いてたんだけど。

いやー、最高だ。

有頂天は好き嫌いがあるから他人と同乗するときは聞けない。だいいちもう20年も前の音楽だ。テクノパンク歌謡?ナゴムレコードだもん。80年代だもん。
「そういう人だったのか」て思われることうけあい。

ケラの最近の曲は全然聞いてない。歌い方にクセがあって聞きづらい。
でも有頂天時代の歌声は若いせいか伸びやかでいい声だ。

そして明るいメロディとリズムのバカな歌詞の曲ほど切ない想いが伝わってきたりして、何度も聞いて、自分も歌っちゃった。カラオケで歌ったらひんしゅく間違いなしだけど、なんて楽しい一人ドライブ。

また、選曲がいいんだこれが。好きな曲ばっかりだ。

ワーストの方の選曲が好みだけど、ベストのほうも買っちゃおうかなー。
『アローンアゲイン』とか『心の旅』とか、お得意のカバーも入ってて、わかりやすい曲が多いから各アルバム1つずつよりもとっつきやすく初めての人にもオススメ。

The Very Worst Of 有頂天 Music The Very Worst Of 有頂天

アーティスト:有頂天
販売元:バウンディ
発売日:2007/03/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)