旅行・地域

なかや桑風庵再び

久しぶりの更新です。

今日は、赤城の なかや桑風庵に連れて行ってもらいました。
実は数年前も訪れたこのお店。
このブログを紐解くと、2008年12月23日のことで、なんと8年前だと判明。

時の経つ早さにも驚きますが、連れてってくれた相方と再び訪れる事が出来た事も感激です。

なかや桑風庵は旅番組などでも度々紹介される有名店ですが、前回も今回もお邪魔したのは本店ではなく、その手前にある「馬事公苑店」。

平日午後という事もあり空いていて、私達が帰ると閉店、という状況でした。
お蕎麦の味は変わらず美味しい!

天付きそばの五合(二人前)を頼もうとして、せっかくだからと七合(三人前)にしましたが、前回は2人で一升(四人前)を食べたようです。
2人とも「んじゃ今日も一升行っちゃいますかっ!」とは言い出さなかったところに、あの頃は若かったのね、っていうなんだか胃薬のCMみたいな雰囲気が漂いました。




群馬というシチュエーションから想像される、不揃いな手打ちでボソボソとそば粉の多い田舎そば、ではなく、不揃いな手打ちだけどもプリっとした食感も感じられる水っぽいお蕎麦は、布海苔が入っているらしいです。




8年前は玄関上がって右側のお部屋で、結構雑然とした印象だったのですが、今回初めての左側のお部屋は、
シャンデリアやステンドグラスがあって、オールドノリタケのコレクションが飾られていました。
素敵です。






かなり満腹になりつつもそば湯までおいしくいただきました。
これからも毎年来られるといいのにな。

その後、私のリクエストで近くの道の駅へ。
ここらの道の駅には、大体温泉施設が併設されてるんですね。
一番近い『道の駅ふじみ』でなく、今日は少し離れた『赤城の恵』へ行ってみました。ここは8年前には無かった施設です。
特産品と野菜の販売所では、ソフトクリーム。


神津牧場の牛乳使用。って神津牧場がどこだかわからないまま食べたのですが、ほんと牛乳たっぷり感あり、しかも100円引きしてもらいかつ、もうすぐ終わりってことで大盛りにしてくれた♪
堪能しました、やっぱりソフトクリームはいいよねえ。
ところがこれで身体が冷えまくってしまい、

併設されているのは『あいのやまの湯』。
一般的なきれいな公共温泉施設です。
ここに寄っていくことにしました。




地元の方で賑わう施設で程よく温まりました。

ここ8年、いろんな事があり母も老い、相方と遠出する機会もへりました。
最近私は他のブログばかり書いていて、あまり独断と偏見が冴えなくなり昔より文章力が衰えた気がします。
でもこんな旅はこれからも続けていきたいし、ココログも細く長く続けて行ければと思ってます。

来年もよろしく。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハワイアンズ♪

実はちょっと前にハワイアンズに行ってきたんですよ。

数年前に家族で行ったときは和室がいいかなと思って本館のほうを予約したんですが、安い部屋は渡り廊下をずっと歩かなくちゃならなくて大変だったので、今回はウィルポートの方にしました。

いつも思うけど、あの部屋、おもしろいよね。私はウィルポート派ですが、母は段差があるからイヤかなと思ってました。でもどこへ行くにも便利な場所にあり母は大満足でしたよ。

ご飯も本館のバイキングよりよかったって言ってました。

Hawaii ウィルポートのバイキングは前菜だけでこんなカンジ。あと、アイスも食べ放題なんだよね♪

ハワイアンズのいいところは、まず、無料送迎バスでらくちんなところ。今回は途中で人数が増えたのですがバスがとれなくて、ぎりぎりまで私が列車で行くことになってました。

でも直前にキャンセル待ちがOKになり、バスで行けました。

それから、老若男女楽しめるところ。ご年配は温泉やマッサージ、ママはエステ、パパはビール飲みながらフラダンスショー、お子様はプールと、家族旅行にもってこいです。

それから、スタッフ。

いわきなまりで接客されるんですけど、純朴なカンジで礼儀正しくて、私は聞くとなんだかほっとします。

それにしても、水着を着るのはイヤだった。

今回私は温泉とマッサージメインでゆっくり過ごしました。

・・・若くないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百観音温泉とお蕎麦

友達を近場で効き目がありそうな天然温泉につれていきたい、と思って、鷲宮の『百観音温泉』ってとこに行ってきました。

東北自動車道で久喜から10分。あっという間です。電車でも東鷲宮駅から徒歩3分とのこと。

完全に地方の健康センターの風情で、お客さんもめちゃめちゃ地元のおじちゃんおばちゃん。

お風呂と食堂と喫茶とマッサージ・アカスリがあり、プラスチックかごにお風呂道具一式いれた地元のオバちゃんたちで賑わう女風呂。

そこまでは、いままでいろいろ行った地方のお風呂とおんなじです。

でも違うのは、お湯。

黄茶色のお湯はとっても塩分がきいていてしょっぱいです。57℃で自噴してるっていうお湯はナトリウム塩化物強塩温泉という泉質で、15万年前の地層から湧き出る化石海水とのこと。100%天然かけ流しというだけでなく、

「日本天然温泉審査機構よりすべての項目でfiveを認定された全国最高クラス」「日本三大美人の湯に負けじとも劣らない」とかなりの自信です。

入ってみると、確かに「濃くて成分がいろいろ入ってる~」って感じのお湯で、硫黄臭さとかは全くなく、湯上りには塩気で体がちょっとペタっとするような感じがしたのですが、しばらくするとさらさらしてきて、いい感じでした。友達は喜んでくれたかな?

料金は700円。設備はスーパー銭湯に比べたら決して豪華とはいえませんがこの濃いお湯でこの料金は合格。

入り口のとこでは地元の野菜なんかがうられてて、プチ旅行気分も味わえてちょっと日帰りで行って帰ってくるのによいと思います。

お風呂のあとに、友達が行きに看板を見つけて気になっていた蕎麦屋に行ってみました。

かご乃家』さんというそのお蕎麦屋さんは石臼引きの十割そばと地鶏料理の店ということで、看板を頼りに行って見ると、田んぼのど真ん中にぽつんと建ってましたが、駐車場には結構な数の車が止まっていて、店内も賑わっていました。

Pict0185 地元の方たちのちょっとした会食などにも利用されている模様。

せっかくなので、地鶏もちょっと食べてみたいなと、「地鶏もりそば」を注文。

注文を受けてから打っているのか、出てくるまでに時間がすこしかかりましたが、その間、鶏の鳴き声を聞いていました。この鳴き声の主が絞められて出てくるのか・・・?

隣の席ではお宮参り風の家族が会食中。

豪華なコース料理を食べておりました。

んで、これが地鶏もりそば。

Pict0184 鴨せいろの風情で、ねぎと地鶏のつけ汁でいただきます。

うれしいのは、そばちょこにめんつゆが少し入ったものが一緒に出てきて、「これはそば湯用です」といわれたこと。

そば湯大好きなので、ちゃんとそば湯用の準備がされているのだと楽しみになりました。

しかも、このめんつゆにちょっとそばをつけて食べてみたところ、うまい。

このめんつゆはうまい。もりそばでもよかったかも。そばも固めで細めに切られていて、おいしかったですよ。

鶏は名古屋コーチンらしいですが、これも歯ごたえがあってなかなか。

そして、そば湯。

とっても熱いそば湯が出てきました。いままで出てきたそば湯の中で、一番熱いかも。

なんだかぬるーいそば湯がくることも少なくない昨今、きりっと熱くて、そば好きな友達もこれは喜んでました。

お茶も蕎麦茶で、おいしくいただきました。

店員さんもみな元気にあいさつしてくれて感じがよく、前評判なしにいきなり入ったお店でしたが、思いのほかよいお店で満足です。

百観音温泉とセットで是非行ってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【写真日記】伊香保 グリーン牧場

ちょっと前に、『伊香保グリーン牧場』に行ってきたっす。

Pict0165 風が冷たい日でしたが。

Pict0150 着いてすぐバーベキュー食べました。

定番のまるいラム肉。

ポークやビーフもあるけれども。

入場時にバーベキューと入場セット券を買うと割引になるっす。

セットにはごはんと味噌汁おしんこもついてこれだけでおなかも満たされるだろうがさらに

Pict0149 単品の『ねぎ塩ホルモン』に生ビールを堪能して

満腹満腹。

さて、園内はいろんな牧場の動物がいるんですが、春なので赤ちゃん動物があちこちで生まれていて、めちゃかわいい。

うさちゃんPict0153

Pict0159

やぎちゃん

うしちゃん

Pict0162 うしの乳しぼり体験とか、えさやり体験とかあって、私はでかい牛に草をあげたよ。

大人の牛はすげ~でかかった。

この写真の子牛ちゃんはあと2年ぐらいしたらおいしい和牛肉になってしまうそうで、複雑な気持ちでミルクをあげました。

最後に『モーモー焼』を食べましたが、これ、ミルク味のクリームがはいってて結構うまかった。

090329_152631

1個200円は冷静に考えると高いけど、いろんな味があってうしの形がかわゆし。

観光牧場というと、どうもさびれた感じが多いけど、ここはこぎれいに頑張っていて、安心して童心にかえり、楽しめた一日でしたよん。

【おまけ】

牧場で一日遊んで、温泉入ってさらに水沢うどん食べたら完璧!

でしたが、今回は温泉とうどんはなく、それよりも

「上州名物焼きまんじゅう」

伊香保温泉の石段のところで売ってました。焼きたてでめちゃうま。

090329_161403

たれがたっぷりでふっくらあつあつ。思わずおかわりしちゃいました。

よくSAなんかにも売ってるけど、だんぜんここのがうまい。

いや~、伊香保楽しかった~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋でひつまぶし

ひつまぶしせっかく名古屋きたんだから、なんか気分だけでもと、ひつまぶし。

有名店とかじゃなく、駅にあるなんちゃら横丁のしょぼい店です。これ女ひとりで食べてる図って悲しいなと思ってましたが、周囲には私と同じ気分と思われる一人女性客が結構いました。

名古屋駅の新幹線ホームで手羽先とか串にささったミソカツとか売ってれば、新幹線の中で食べるのにな。

以前大阪行った時に上司が帰りの新幹線の中でタコ焼きが食べたいと探し回ったけど、焼き立てで車内で食べられるようなのは駅には売ってませんでした。

新幹線の駅もお弁当ばかりでなく、SAみたいにその場で買い食いできるようなやつをもっと売ればいいのにな。あげかまぼことか、よくあるようなやつでもいいからさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おまけ:韓国でも・・・

先日、母と無料招待旅行に行って、怪しいわさび漬け販売や宝石販売商法を目の当たりにした私でしたが、今回、韓国ツアーでH.I.Sに連れて行かれた土産物店も、似たような商法だったから書いちゃいます。

フツーの町中のビルで看板も出ていない地下にその土産物屋はあって、入る時に番号札を配られます。

入ると、椅子に座らされて、お茶が出てきて、次々に説明されながらキムチを試食させられます。んで、座ってるうちに一人ずつ「あなたは?」と買うかどうか迫られる。

行った時は私たちだけだったけど、たぶん他のバスの人たちと混じらないように番号札があるんだろうと。で、試食テーブルは何個もあって、ツアーごとに座らせられるようです。

そんなところにある土産物屋も不自然だし、状況も変。でも帰国間際だし、ウォンが余ってて買いそびれたお土産あれば、ついつい「ちょっと買っちゃおうかな」と思う人もいるだろうし、あの状況だと面倒だから「買います」と言っちゃえば逃れられると思って買っちゃうかも。

私の場合、空港で買おうと思ってたポッサムキムチが出たので、しつこくされても面倒だしと一つ買って、さっさと出てきましたが、出る間際まで「他には?海苔は?」とおばさんがついてきました。

こういう商法、どこにでもあるのねん。

そういうのも含めてツアー代金が安かったりする仕組みだと思うので、連れて行かれるのは仕方がないことだと思いますけど、最近はそういうところに連れて行かれると知っていて、集合場所に現れない人も少なくないとか。そうすると、いつまでも出発できなくて困るので、ちゃんと集合してくださいとのこと、それは当り前だよね、団体行動なんだからさ。土産物屋にいかず自由行動したい人は、パックツアーにしなければいいじゃんね。

でも、ただの土産物屋ならまだしも、やっぱりあの商法はやだなあ。H.I.Sももう少し考えてほしいなあと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国コピー?

韓国特集(?)最後はコピー商品です。

着いていきなり東大門へ行って、平日の夜だというのにすごい活気があるのに驚いたのですが。明洞あたりにも昼間も夜もわんさと人がいます。あの人たち明日仕事はないんだろうか??昼間からなにしてるんだろうか、仕事はないのかっ?にんにくととうがらしでみんな元気なんですかね・・・と感心しちゃいました。

で、その東大門。露店しか見なかったけど、コピー天国です。Tシャツとバッグと帽子、靴下と下着とアクセサリーが多い。

私が買ったのはまず、ボクサーパンツ。

Pict0161 カルバンクラインです。可愛いデザインです。

タグも完璧です。

Pict0162

現地の人たち、日本人とみるとすぐ日本語で話しかけてきます。「バッグう安いよ」だと。

私はもともとブランド品には興味ないのですが、このデザインでこの値段ならいいな、と思うものも多数あり、上のパンツはそんなわけでカルバンクラインが好きなわけじゃなくデザインが可愛いからと購入。1枚500円。

あとは、アバクロコピーのトートとキャップ。

Pict0163_2 生地の質も、洗いこまれてほつれた感じもしっかり本物らしくできてます。

こちらもタグは、私がアメリカあたりで本物の店で買うとついてるやつとまったく同じ。紙の厚さ、大きさ、艶、全く一緒です。

値段が安く、露店で売られているから「コピーなのだな」とわかりますが、オークションなんかに出てたら私にはわかんないよ。

Pict0164 両方で2000円ぐらい。いやすごいね。買って帰って日本でうったら儲かるよ。

成田に「コピー商品は犯罪です。」って書いてあったけど実際これで儲けてる人って結構いるんだろうなあ。

成田で見つかると没収されてしまうようなコピー商品と、露店で普通に明るく売られている真似っこ商品の区別がよくわからず、これを買うのは犯罪になるのだろうかとちょっと不安でしたが、これだけおおっぴらに売られているところを見ると本物でもそんなに高くない商品は大丈夫なのかなと勝手に解釈して、上の品物は買ってきました。他にも露店で売られてたスタバのロゴのTシャツとか、390円ぐらいで肌触りもいいので買ってきちゃいました。

翌日は南大門へ行ったのですが、こちらにもあるある。海苔やさんは日本人とみると「海苔やすいよ」というのですが、かばん屋さんは「完璧なニセモノあるよ」と話しかけてきます。これには爆笑。「完璧なニセモノってなによ」と思っていたのですが、同行者がいつもいくというカバン屋さんに行ってみて、確かに完璧なニセモノだなあとわかりました。

B級のものは店頭に出ているのですが、ほんとに完璧にコピーしたA級品は(捕まったりするのかな?)店頭には出ていないので、欲しいというとどこからか持ってきてくれるそうです。PRADAを見せてもらいましたが素材の質感はもちろん裏地の織りロゴからなにから全く本物にしか見えないから、その制作技術に恐れ入ってしまいました。

確かに完璧で、これならコピーでもいいじゃんって思えてしまうほどで、コピー=粗悪と思っていましたが質は悪くありません。コピーされるほうの品物は、新作が出るとすぐにコピーも作られるらしく、「この形のある?」と聞くと大抵あるそうでPRADAやGUCCIなんかだけでなく、ポーターなんかもあります。

そういえばアニヤ・ハインドマーチの例のエコバッグが各国カラー取りそろえられていて、あちこちの店にぶら下がってましたが友達は大量に買い込んでおりました。(その一方でその友達は免税店のPRADAで本物も買っていたのだから面白い。)私はアニヤのは本物見たことないし、人が持っていたら「並んで買ったのかな」としか思いませんわ。

私自身は、その店にぶら下がってたレスポートのうそっこで、それはコピーではなくデザインが真似っこだけでロゴも「LEADSPORTS」っていう明らかなバッタものですが、生地の柄がほんとのレスポートよりかわいくて気になってたやつをお土産に買いました。その柄は、東大門の露店にもたくさん売られてたので、危ない「完璧なコピー」じゃなくて単なる「安い真似っこ商品」なのですが、生地の質感とバッグのデザインはレスポートとおんなじです。

かばん屋のおじさんに聞いたのですが、私が欲しかった柄は本物のレスポートサックにはない柄だそうで、ロゴも同じの「完璧なニセモノ」コピーは本当に本物にもある柄やデザインでしか作らないそうです。だから、私が買った柄で「レスポートサック」のロゴのものは売ってないのだとのこと。なるほど、考えてみればその通りですよね。本物にないデザインはコピーになりませんものね。

初めてコピー商品を間近でいろいろ見せてもらったのですが、なによりこれだけ同じような素材を用意して、各部本物そっくりにつくる技術に、妙に感心してしまった私でした。今までバッタものとコピーの違いもよく考えなかったけど本物と完璧に同じだからコピーというのよねえ。

その一方でこれを見抜く税関の人もすごいよなあ。わたしには到底分りませんです。あはは。

帰国時、別にスーツケースも開けられず、なんにも言われずに帰ってきました。実際高級ブランドのコピーを買って帰ったとしても、見つからなかったのか?そんな風にして、持ち帰ってオークションに出たりして国内に出回ってしまうのか?それを消費者はどうやって見分けるんだ?そもそも、本物を買う意義は何?なんて、いろいろ考えちゃいました。

■■■

いやはや、アジア圏は初めての体験でしたが、短いけれど何かと面白かったお隣の国韓国。パワフルでした。

ハングルが読めるようになってもう少ししゃべれるようになってからまた行ってみたいなと思いました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

韓国コスメ?

えー、韓国特集、今日は韓国チープコスメです。

はやりのBBクリームはどんなもんなんだろうか?とかおもいつつ、安いシートパックでも買おうかと思って、明洞にある各店へいってみました。

まずは、エチュードハウス。店員さんのピンクのユニフォームと言い、店のつくりといい、日本にあったら原宿で中学生向けの店です。値段もやすいし、絶対中学生向けだよ!

と思いつつ、おみやげのマニュキアと一緒にBBクリームも買いました。

いやー、韓国コスメはおまけが多いってこと噂には聞いていましたが、2万ウォン(2000円)程度の買い物におまけがどっさり。

Pict0163 左下のBBクリーム以外は全部おまけです。

顔のコロコロマッサージ器、お金出して買おうかと思ってたからうれしい。

水色のは夏向けの「アクアシャーベット」シリーズのキットとクリーム、ウェットティッシュでした。

店員さんは、若くって片言の日本語で一生懸命話してくれて可愛かった。

次に、日本でも買える「MISSIA」。ここではセールになってたヒートパック(セルライトが気になるところに貼る)にちいさな体脂肪計がついてるセットを購入。ついでに、日本語が全然できない店員さんに勧められるままにアンチエイジングのシリーズの美容液を買った。若い子むけでなく、アンチエイジングの方を「あなたにはこっちが絶対おすすめ」みたいな感じですすめられたのがちょっとムカっとしたが買ってやったのに・・・レジでは特におまけはつけてくれませんでした。ちぇっ。

Pict0166 MISSIAでは他にもセールをやってましたが、ついてるのはコットンばかりなり。

さて、その次に行ったのはイニスフリー。入るつもりはなかったのですが、入ってみるとこれまた若い可愛い店員さんが韓国語で一生懸命勧めてくれたミントのシリーズが安くてレモンの香りもきもちよさそうだったので購入。ここのはどれも香りもデザインもよくて、結構気に入りました。

Pict0167 中央の青い3本が購入品。あとはみんなオマケ。

右はマッサージャーとコットン、左のピンクのはリップグロス、下の方はパックとかクリームとかいろいろ。あと写真には写ってないけどビニールトートをもらいました。友達は傘までもらいそうになり断っていたけど。

サンプルをたくさんもらって満足したので、結局シートパックは買わずにおわりました。

そもそも韓国チープコスメ、日本のドラッグストアものよりも全然安いので効き目のほどはわかりませんが、それはどうあれ、すげー楽しかった♪

サンプルもらってこんなにうれしいなんて、私も女だなあと思います。

今晩からいろいろ試してみようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国グルメ?

アニョハセヨ~。

突然ですが、ソウル2泊3日の旅へいってきました。

H.I.Sの2泊3日パッケージツアー。夜ついて朝出るから実質動けるのは丸1日のみ。

あっという間に行って帰ってきましたが、楽しかったざます。

せっかくなので少し書こうと思いますが、まず今日は食べ物編です。

■■■

飛行機はアシアナ。成田~仁川まで2時間弱のフライトの間に、アシアナ航空のサイトによると「軽いお食事」が出るという。

離陸して30分くらいすると、お飲み物と一緒に機内食。

Pict0089 「軽いお食事」っていうから、サンドイッチとかぐらいかと思ったらしっかり出ました。

中華風メインの他に蕎麦、パン、ケーキ付き。ちゃんとチューブ入りコチュジャンもついてます。りっぱな一食分です。

しかし、着陸まで時間がないからのんびり食べてはいられません。配られたと思ったらすぐにコーヒーはいかがかと回ってきて、ビールとコーヒー、どっちを飲んだらいいのかと迷う暇もなく下げにきます。

ちなみに帰りの便では、ケーキの部分が栗饅頭でした。

さて、仁川からソウル市内までバスで送迎される間、ガイドのキムさんがいろいろオプショナルツアーの説明とか諸注意だとか喋りまくったのですが、その中で注意されたのは

1。東大門の屋台でものを食べない方がいい。特に買ってその場で立って食べるスタイルではなくて、椅子とテーブルがあって注文してから調理するタイプの店は、お腹を壊します。

2。最近、模範タクシーと思うと悪質なのがあるから、一般タクシーに乗ったほうがいい。

3。パスポートは絶対ホテルのセキュリティボックスに預けること。

ってこと。

しかし、初日の夜は東大門で食べることに決めていたので、私たちより遅い便で来た友達と合流するとまずは東大門の屋台へ。禁じられた、「イスとテーブルで座って食べる」タイプの店でございます。

空腹のあまり食べまくり、写真を撮り忘れましたが、おでん、チヂミ、タコいため、キムパプなんかの定番屋台メニューをあれこれ食べてビールのんでどれもうまかった。お腹なんて全然壊しませんでしたよん。

しかし、料金は一人2万ウォンぐらいだったから、激安という感じはしませんね。観光客料金だったでしょうかね。

さて、翌日は、前日東大門で夜更かししたせいで出遅れたため、まずはクリスピークリームで全然ならばずにドーナツとコーヒーを食べたあと、買い物ついでに、ガイドブックにもよくのっているロッテデパートの地下のフードコートでお昼を食べました。

いろんなお店を見て、番号をおぼえたら、レジコーナーで番号を告げてお金を払います。掲示板に番号が出たら再びお店へ取りに行き、食べ終わったらやはりその店に食器を返しに行きます。

私は、朝食べ損ねたアワビ粥を。水キムチと普通のキムチとチャンジャみたいなのがついてました。

Pict0119 友達は野菜とって麺と一緒にコチュジャンで炒めてくれるやつやプルコギチャーハンを食べてました。どのメニューにもヤクルトが1本ついてます。

観光客らしき人もいますが、地元の人が多くて大人気、とっても混んでます。ちょっとでも席があいてると「イッソ?オッソ?」みたいなことを言われて「ここ空いてますか」なんだろうとわかりますが、いるといないとどっちがイッソなのかわかんなかったから答えられなかった・・・

周りで食べてる地元の人、スタイルいいのにすげえ量食べてる人が多かった。パワフルです。阪急梅田の地下のフードコートっぽいなとちょっと思いだしました。

夜は、友達の知り合いの焼肉屋へ。ここもガイドブックに載ってる店ですが、行った時は客は私たちだけ。貸切みたい。

「景福宮(キョンボックン)」って店で、明洞の端のほうにあります。牛肉も豚肉もあります。インテリアが伝統家屋風でいい感じ。

よく、「韓国の牛肉は日本のイメージで行くと高い割に硬くてがっかりするから豚のほうがいいよ」といわれましたが、お肉の味がよくて、おいしかったです。女性がひとり付いていて、黙ってても焼いて、切ってくれるので私たちは食べるだけ。牛肉も豚肉も食べましたがお肉以外は頼まなくてもおかずが適当にずらりと並びます。ちょっと写真がぼけてるんですが

Pict0123 サンチュやナムル、キムチはもちろん、たまごとかカニも出ました。

それからサービスで出してくれた海鮮パジョン(チヂミ)がふわふわかりっとしてとってもおいしかった。

冷麺、石焼ビビンバにビールにマッコリも堪能して、ひとり3000円ちょっとでした。高級っぽい店だったからとっても高いかと思っていたら、これは日本の相場から考えても、屋台がひとり2000円だったことを考えても、これは安かったと感じます。よかった。

他にも食べたいものたくさんあったのですが、とにかく日程がハードだったから、おもな食事は以上。

あと、コンビニで買ったトッポキスナックとか空港で食べたサムゲタン。・・・今回あまりにも気軽な旅行だったせいか、全然写真を撮らなかったんですよね。失敗した。

次回またソウルへ行くことがあったらもっといろいろ食べてきたいとおもいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金谷港 『海花亭』

少し遅くなりましたがあけましておめでとうございます。

今年もぼちぼち更新していきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。

さて、新年皆様はいかがお過ごしでしたか?

私は東京湾横断ドライブに行ってきました。

アクアラインを通り、海ほたるに寄って足湯につかり、木更津へぬけて金谷港からフェリーで久里浜へ戻るルートです。

「千葉は遠い」と渋る友達は沼津で魚介がいいと言いましたが、木更津にも魚介はあるよと説得してゴー。

今年のお正月はどこも道路が空いていた気がします。

アクアラインもゆるゆるで、まあ海ほたるにはたくさん人がいましたが、買い食いして、無料の足湯につかって木更津へ。海沿いのなにもないルートを辛抱して走っていると、金谷港の手前に「レストランかなや」がある。

ここは駐車場が広くて、立ち寄り湯もあってよさげなのだけど、どうも混んでいるしメニューが高め。

そこで我慢して再度車を走らせると、トンネルを抜けたすぐ右手に「海花亭」というお店を発見。絶対にこっちのほうがおいしそうだと、Uターンして入りました。

Pict0377 このファンシーな看板が目印。

中はテーブルと座敷で、接客の丁寧なしかしきびきびした若い茶髪のおかみさんと、近くのスナックとバイト掛け持ちしているという東南アジア系女性アルバイト。ガラス越しに見える厨房のおやじさんは丁寧に料理を作っているようだ。壁には芸能人のサインや秋田犬のカレンダーが飾られている。

ほぼ満員の店内で、少し待っていると二人連れなのに広いテーブルの奥の座敷に通してもらう。

メニューは古くて、定食などが載っているのだけど(「海花膳」とか「荒磯膳」とかいう定食が人気のもよう)テーブル席の周りのかべに貼ってある一品料理もおすすめ。

ゴチとハゼのてんぷら、スズキの南蛮漬け、まぐろのスタミナサラダ、アジの活造り、キンメの煮付けなんかを注文した。

水槽で泳いでいたアジは見事な活造りになって登場。身がしまってとてもおいしい。てんぷらはほかにも種類があったけど、普段私たちが釣っているのより大型の、でも普通に地元で釣ったとおもわれるゴチとハゼで一匹150円程度。お安い。

Pict0378 Pict0379

キンメも二人分にちょうどいい大きさで薄めの味に煮つけられてとてもおいしい。

(出てくるまでにずいぶん時間がかかるんだけど、何度もお茶を注ぎに来てくれた。)

全体的にシンプルで薄めの味付けで、素材の良さを活かし、注文してから作ってくれているのでしょう。お値段もきちんと表示されていて良心的。

窓際の席からは海が一望できるみたいだけど、こちらの座敷は裏手にあたるので、全部が海ではない。でも窓から裏をみると、左方向にきれいな海と、正面に秋田県の犬小屋が。壁に貼ってあった写真をみるとあれが「美花号」かな?のんびりと寝ているようでした。

たっぷりたべて二人で5000円でおつりがきた。

混んでる高くて大きい店でなくて、こっちの店に入って正解。出る間際、友達がフェリーの時刻表をみていたのに気づいたおかみさん、わざわざ外まで出てきてフェリーの時刻表をくれた。明らかに観光客の私たちにもお年賀のタオルをくれた。こういう気遣いがうれしいんだよねえ。

皆さんもぜひお立ち寄りになってみてください。

さて金谷港につくと、タイミングよく出港に間に合った。

ちょうど日没。とても美しい空をみることができて、よいお正月でございました。

Pict0399 富士山もきれいでした~。

海花亭(かいかてい)

千葉県富津市金谷670-1
TEL:0439-69-8741

| | コメント (0) | トラックバック (0)