携帯・デジカメ

日本の携帯

やっと携帯を買い換えたざます。

今まで使ってたのは、去年購入した「M702is」。モトローラのデザインにひかれて、発売と同時にゲットしたんだけど・・・

いやはや使いにくかった。

アダプタがないと普通のFOMAの充電コードでは充電できないから、街中で電池切れたらアウト、なのは覚悟していたけど、他にも

■携帯として当然の機能だと思っていた「メールが着信したときに着信音が鳴る時間」を設定できないので、メール着信しただけで、なんかのボタンを押すまで延々と着メロやバイブレータが鳴る。それでメール着信は無音に設定した。(だから着信しても大抵気付かない)

■不在着信があっても、少しの間しか待ち受けに表示されず、そのあとメールが着信したりすると、不在着信表示が消えてしまうので、だれかから電話があったことに気付かない。これでよく友達から怒られた。

■目覚ましに使うのに、「アラームを毎日繰り返し鳴らす設定」がないので、毎晩セットしなくてはならない。もちろん曜日ごとにセットするなんて不可。セットし忘れて寝坊しばしば。

■imode中にメールがくると、imodeを終わらせないと返信できない。imodeみてたりアプリやってるといちいち中断しなくてはならなくて面倒。おまけにおもしろそうなアプリとかimodeのサービスがあるとよく「お客様の機種には対応していません」って言われたし。

■カメラが最悪。暗いしブレるしきれいな写真が撮れた試しがない

■アメリカで普通に使われてるモデルのくせに、ワールドウィング(国際ローミング)は3Gしかカバーしておらず、せっかく出張に持って行ったのにアメリカで通じなかった。

■もちろんワンセグやおサイフケータイ機能はついてない

なんて感じで、結構慣れはしたもののいろいろ不便だったのよね。私はそんなに頻繁に携帯フル活用する人ではないんだけど、それでも不便だなと思ってたから、もっと若い子たちにはありえないくらい使いにくかったんじゃないかとおもう。

ドコモってデザインがいいなと思うのがずっとなくて、まー買っちゃったしと1年我慢して、次に「L705ix」を買おうと思って、発売予定の3月まで待ってたんだけど、これも発売されて調べてみたらimodeとメールが同時に開かないとか、いろいろ不便なことがわかり、評判もあんまり良くないみたい。海外といってもLG電子だし欧米ではないから機能的にそんなに劣らないのではないかと思ってたけど、やはり海外メーカー。またデザインに引かれて海外メーカー買って失敗しそうなので、あきらめて国内メーカーの705を買うことに。

機能いろいろ比べたりして迷った結果、パルセンの「テレわーるど」でSH705iを購入しました。(おねえちゃんが結構テキパキしてて説明も詳しい。)

んで、久しぶりに日本のメーカーの携帯に戻って感じたのは、やっぱ日本人の携帯ライフには日本メーカーの携帯なんだなと。

今でもアメリカの海外ドラマとかみてると、私のモトローラとおんなじやつが使われてますが、やつらが電話で話すシーンはよくみるけど、チャット状態で頻繁にメールやりとりしたり、imodeで検索したり、アプリで時間つぶしたり、写真撮ってブログにアップしたり、コンビニでおサイフケータイで支払いしたり、喫茶店でワンセグ見たり、携帯のアラームで目を覚ましたりするシーンなんて見かけないもんね。

日本人の携帯の使い方はアメリカ人とは違う。生活に密着していてひとつの文化になってるわけだから、アメリカ人が「これで十分」と思ってるくらいの機能じゃ全然足りなかったわけだ。(デザインは結構かっこいいのに性能や使い勝手はいまいち・・・ってアメリカのほかの製品にも結構言えることあるよね。)

その点新しく買ったSHは、GPSやハイスピードは付いていないものの、上に挙げたようなモトローラ使用時の不満は3Gの件以外全てクリアしていて、音も画面もきれいだし、でもデザインがいまいち平凡かなって感じでいかにも日本のドコモ携帯だなと。

(だったらauやソフトバンクに乗り換えればとも何度も思ったんだけどね。もーここまでずっとドコモつかってて家族もみんなドコモだからねえ)

ま、日本人なんだし、いいやドコモ携帯でさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯をトイレに

やってしまいました。
私の携帯は昨年末購入したM702isで、薄くてオシリのポケットに入れやすいけどアルミボディでちと重い。
ポケットに入っていることを忘れてしまうことしばしば、そしてとうとう昨日トイレで座る時に…

ゴトン! と音がして、それが何の音かと気付いた時には洋式トイレの底に沈んでました。

用を足す前だったのが不幸中の幸い、躊躇なく素手で拾い上げましたが、ボタンの隙間や通話口からポタポタと水が。もうダメみたい。

CMで703シリーズが盛んに流れてて、あーもう少し待って703にすればよかったなーと思ってたから、買い換えるしかないかもしれない。

しかーし。なんと運が悪いことに明日は出張なのだ。買い換えてる時間はないし現地では携帯必須。

そこでとにかく救命治療を施してみることにしました。
以前に家族がやはりトイレに落とし、DoCoMoに駆け込んだ時に(助かりませんでしたが)聞いた方法です。
ます゛速やかに電源を切り、裏ブタを外して電池パックとFOMAカードを取り出す。
もちろん電池パックも濡れてました。だけど見込みあり!
携帯の内部には数ヵ所に『水濡れチェッカー』が仕込んであり、DoCoMoはここを見て普通の故障か水濡れによる故障かを判断し、保証するかどうかが変わってくるそうな。

どんなに「普通に使っていて壊れました」と言い張っても、「いや、アナタ実は水に浸けちゃったんでしょ?水濡れは保証の対象外」と言われてしまうわけだ。

チェッカーは白地に赤のみずたま模様。濡れるとみずたま模様が消えてしまう。

私の携帯は電池パックのは消えてしまったが本体のチェッカーは2か所とも無事だったのだ。

内部の水分をきれいに拭き取り、そのまま温風ヒーターの前で2時間乾かした。
水濡れしてる時にあわてて電源を入れてみたりあちこち押したりすると、ショートしてダメになるのでとにかく乾かすといいらしい。そして、再び電池を戻して電源オン!

やったー!動くー!メールも送受信できるー!

ということで、私のMotorolaちゃん、息をふきかえしたのでした。

703に買い替えられちゃ大変と、アメリカ娘の意地を出したのでしょうか。

他社製に比べどうしてもつかいにくいMotorolaちゃんですが、しゃあない、もうしばらく使ってやるかー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)