釣り

大磯港今年も五目

かなり久しぶりに大磯港へ行ってきました。

前に行った時は工事中でしたがもうすっかりできあがってて、元の広さに。

Pict0042

平日でおまけに天気は悪くどんよりと今にも降り出しそうな上風が強くて・・・だったのですが、地元の人中心に結構たくさん人がいました。

聞けば(鈴木釣り具店のおやじいわく)イワシが結構好調とのこと。

イワシかー・・・と思いましたが、この天候で投げでも釣れなそうな気もするし、家族からは「たまにはちゃんと釣果持ってこい」みたいなこと言われてたので、えさと一緒にトリックの針も購入。

地元の方はみんな延竿で餌なしで釣る戦法ですが、私たちはトリックにしました。

アオイソで投げてるほうは、全く全然なんにもきません。アタリすらきません。・・・つーか風が強くて投げにくいし、糸が流れるしずっと竿が揺れてるし。

しかしトリックの方は、当たりでした。

バンバン釣れます。時々群れが回ってくるので、そうなると入れ食い状態です。もう投げ竿はかまっていられず、途中でやめてしまいサビキ一本にしましたが、椅子に座ってる暇がないくらい釣れました。

イワシに交じって、サヨリ、小サバ、豆アジ、豆ムツもきます。餌ついてるのでヒイラギもきちゃうんですが。ヒイラギ釣りたくなければ延竿戦法のほうがいいですよね。でも全体的に釣れてる数は私たちがダントツ多いような。今日はトリックで正解でした。(場所がよかったのかもしれませんがね。)

さらに、サビキ仕掛けなのに体長15CMくらいのコチとメジナも釣れた。

サビキでも楽しい大磯五目釣りだなあ。

イワシがこんなに釣れるとは思っておらず、イワシどころかほとんどなんの釣果も期待していなかったので氷を用意していなかった(友達はクーラーボックスさえ持ってきていなかった)。

大磯港は地元のオヤジが結構親切にあれこれアドバイスしてくれるのだが、今回もつきっきりでアドバイス兼ひまつぶしをしていたオヤジがいて、港内の建物で氷が買えると教えてくれたので群れが遠のいてる間にその場で頭と内臓取ってジップロックに入れて、氷漬けにして持って帰ることができました。

「夕方になると豆アジがくるよ」という地元オヤジの話のとおり、ラストは豆アジが釣れてイワシのように鈴なりにはならないけど、結構な数釣れました。

山分けにして持って帰り家で数えたところ、私の分だけでイワシ160、豆アジ40。

コチは素揚げにして、イワシは半分マリネ、半分はみりん漬けにして、骨は骨せんべい。豆アジとその他の小魚も唐揚げに。メジナは3枚におろして、小麦粉をまぶしてオリーブオイルで焼き、トマトソースでイタリアンにしたらとてもおいしかった。あ、イワシもその調理法でもよかったかなあ。

しかし、ぜいたくを言わせてもらえば、帰宅してからイワシをひとりでさばいて調理するのは結構大変だ。もう少し大きくて3枚におろせる魚が釣りたいなあ。

「そうなると船だよ」と友達は言う。船は酔うからなあ・・・そんな私は今年もイワシがお似合いってことなのかなあ。

余談ですが、帰りがけ、強風でかなり冷え切っていたので『壱龍』でラーメンを食べることにしました。

Pict0043 駐車場に車を止めて、入ると威勢よく挨拶して人数を聞かれつつ食券を買います。その間に水を用意しておいてくれます。

席はカウンターだけかと思えば、外にビニール張りのテラス席のようになってるテーブル席もあって、家族づれなんかが食べてました。

私は特味噌ラーメン1000円を注文。

スープは甘めで、モヤシ、コーン、チャーシュー、味玉、バター、わかめがのってます。コーンがすくいきれるように穴あきレンゲもついてくるところがうれしい。

麺は太めのたまご麺。北海道ラーメンらしいですな。

味玉は煮干しのだしと塩の味がして、黄身がとろりとしていますがちょっと冷たかったのが残念。

劇的に「とってもおいしい」っていう味ではなかったですが、風で冷え切った体にはありがたく、おいしく完食しました。

北海道らーめん 壱龍 大磯店 (ほっかいどうらーめん いちりゅう)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初ワカサギ釣りだったけど

無気力なまま友達と待ち合わせして昼までデニーズでうだうだ喋ってからやっと「ワカサギ釣り」ってことになりました。

この時期ワカサギ釣りといえば「氷上」で氷に穴あけて釣りたいというのが定番ですが、車のチェーンもってないから榛名湖や赤城大沼は無理。時間も時間だし、相模湖へいくことに。

ついてすぐ目の前にあった『小川亭』のボート乗り場で値段を調べているとおばちゃんが出てきて愛想よく「ボート一人2000円で竿と餌もついてますよ」というので、誘われるままにそのままボートに乗り込みました。

ライジャケをつけてモーター付きのボートで、係留されてるボートまで運んでくれて乗り移ります。風はなくて比較的暖か。

Pict0431

・・・これで釣れればいうことなかったんだけど。

いや、周りもぜーんぜん釣れてない。

釣れたのはあとにも先にもこの1匹のみ!

Pict0432_2

こんな小さい子が 1匹だけ釣れてもねえ・・・

4時になってボートから降りると「釣れた?」とおばちゃん。

「いや全然」と答えると「あら~残念ね一人で500釣る人もいるんだけどねえ」

って、その人が500釣っちゃったからもう相模湖には全然ワカサギいなくなっちゃったんじゃないの?というくらい魚影なしでした。

はあ~。せめて晩のおかず一人分くらい釣れてくれればねえ。

やはり昼下がりからちょこっと相模湖で貸し竿じゃ、釣れるわけないか。

チェーンを用意して赤城を攻めるしかないのか。

そんなのめんどくさい~っていうのが今の私だ。やっぱそんな私には釣れるわけないか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ひさびさの大磯港

すっかり寒い大磯へ、久々の釣りに行ってきました。

・・・勤労に感謝する人たちで東名は大渋滞。3時間以上かかっちゃってついたのは午後。

大磯港はいま工事中で、海に向かって右側は入れません。駐車場も港も縮小サイズで、祭日で混んでいました。

今日は「なんか根魚でも釣れないかな~」的な仕掛けでやってみたのですが、そんな簡単にはいくはずもなく、外側はクロダイがつれてるらしいですが、港内はイワシばかり。それもかなり細いハリでないとかからない様子。私は今日はトリックサビキは持っていかなかったので、全然引かない仕掛けを見つめるも、どんどん寒くなってくる。

つまらないので、やらないつもりだった投げ仕掛けを取り出し、適当に投げたり。

友達は「ヒマつぶしに」とトリックサビキをやってたので、10cmくらいのメジナとか、ウミタナゴがたまにかかります。でも持って帰る気はないので全部リリース。

これといった獲物がないまま、夏とは違い夕方5時には暗くなり、港内は私たちだけになりました。

寒くて震えてきた。いやー、やっぱ釣りって手が濡れるじゃない?私は手が冷たくなるのが苦手なので、これがかなりきつく感じました。ちゃんと手袋すればよかった。

そろそろ片付けようとして、投げ仕掛けをまいてみると、見慣れない魚が。

なんと、イシモチさん。私はイシモチを釣るのは初めてです。暗くて写真はとれませんでしたが、10cmぐらい・・・

つぎに友達にもイシモチがかかり、仲良く1匹ずつ釣っただけで納竿としました。

おニューのガーバーのフィレナイフ(夏に買ってから出番がなかった)でさばいて、友達が持って帰りました。

イシモチは、アクアパッツアにするとおいしいんだけど、もうちょっと大きいとうれしいね。

あはは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの獲物は(那須その1)

Pict0232 ・・・これは『イワナ』でございます。

最近、「自然と戯れたい!」「バーベキューがしたい!」と思ってて、久しぶりの休み、どうしようかということになり、なぜか思いついて、那須へいってきました。

那須なら、川魚釣ってバーベキュー。だめでも牧場で牛乳飲んだりジンギスカン食べたりできるし、温泉もあるし、まー、なにかしらできるのではないかと。

んで、行ったのが『清流の里』という釣堀。釣堀かよ!っとお思いでしょうが、これが結構楽しかったですわよ。

よくあるニジマス釣りは、イクラとかえさにして1時間3000円つり放題だったりしますが、そんなにたくさんつれても困るし。

ここは、、貸し竿とエサで200円。釣る量は自分で決めて、特に時間制限もなし。釣った分だけ買い取り、持ち帰るかその場で焼いてもらうというシステム。

滝が流れる水のきれいな池に、ニジマスとイワナがいて、簡単な竹竿とウキの仕掛けに練りエサをつけて釣るのですが、これが意外と難しい。

水が透明で浅いので、たらしたエサがよく見えるのですがやつら、全然食わない。

そこで、エサが悪いのかと、小さくまるめたのを投げ込んでみるとあっという間に食べられました。

釣り針がついてるえさはわかってて、食わないようにしてるのですな。利口なやつらです。

そこで、エサを細長くしてハリが見えないようにしてたらしてみると、かかりました!

そのころ友達もいい戦法をあみだしました。

同じように細長くしてつけたえさを、滝が落ちるところへもっていき、水面をすーっとうごかすと、水しぶきでハリがみえにくくなるのか、下に潜んでいた大き目のやつらが虫と勘違いして食いついてくるのです。名付けて「練りえさフライ」とでもいいましょうか。

私もこの戦法で釣らせてもらい、2人で4匹釣って、焼いてもらうことにしました。

釣れたのは4匹ともイワナ。100g250円で買い取り、焼き代が1匹250えんだから、1匹あたり600円くらいの計算になり、ちょっと割高かなと思いましたが、食堂のイワナの塩焼きは1匹800円だったからそれより安い。なにより、何千円も払って無駄に沢山釣る(または時間制限あって全然釣れない)よりは全然よいと思います。

Pict0237 ニジマスは何回か釣って食べたことありますが、イワナを食べるのは初めてでした。

炭火で塩焼きした岩魚は淡白で臭みもなくて、尻尾もぱりぱりでおいしくいただきました。

清流の里がよいところは、お店の人が親切で良心的ですし、駐車場の目の前がすぐ釣り場なので、途中でお財布や上着を取りに行くのも楽々。

手打ちそばなどにもこだわっているようなので、那須へ行かれたら、ぜひ寄ってみてください。

それにしても、釣堀で川魚とはいえ久しぶりに魚釣って楽しかった。次の休みには海釣りもしたいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大磯五目は続く

またまた大磯港。

雨なのによくいくわ、私たち。

最近いつ行っても、トリックやのべ竿のイワシサビキ部隊のみなさんが不調の様子。

われらも一応サビキ仕掛けも出すが、釣果といえるものはなにもかからない。

んで、やはりコンパクトロッドでチョイ投げ。

今日は午後からだったので、キャスティングでアオイソメを買ってきた。

「太いのと細いの、どちらにしますか」と聞かれたので、針につけやすかろうと迷わず「太いの」と答えたが、すげー、太い。

「こんなん、魚がくえねーよ」と釣りの友は言ったが、今日は友達ばかりが釣れた。

私はヒイラギ1匹、チビハゼ2匹のみのしぶーい釣果。

なのに友達は、またもや五目釣り快進撃だ。

1:シロギス

今日は大きめ20cmのりっぱなやつが。

2:ウミケムシ

エサのアオイソにカビが生えたのかと思った・・・ら、アオイソとおんなじ大きさのウミケムシが。うっかりさわらなくてよかったよかった。

3:シタビラメ

わー、びっくりした。Pict0148 体長30cm。クロウシノシタといふらしい。

いいなーいいなー今晩はムニエルだ。

4:ゴンちゃんPict0149

でかい。メゴチバサミではさんでお帰りいただいたけど、食うとうまいらしい。チャレンジすればよかったかも?

5:アナゴさんPict0152

小さいし、シロギス似だから「ゴテンアナゴ」かと思ったが、ちゃんと横に点点が並んでついているからマアナゴらしい。にゅるにゅるしてたー。

・・・このように、おいしそうなやつらばかり釣り上げた友達だった。楽しいぞ大磯チョイ投げ五目釣り。

でも、私は??

なんだかなー、なんでヒイラギさんしか釣れないのかな~?ヒイラギをおいしいと言って食べるから神様が「おまえはヒイラギ食っとけ」ってことなのか?

天ぷらとムニエルの夢をみながら寝るとするか。おやすみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たこちゃん

相変わらず大磯港。

・・・うーん、全く釣れない。

友達は好調(?)にチョイ投げ仕掛けにヒイラギを連荘しているが、ヒイラギがつれると私に「とってー」と言い、とったらすぐにリリースさせやがる。

ヒイラギは結構型が大きくなってきて、うまそうなのに。私だったら持ってかえって食べるのになー。ぬるぬるがイヤだとかいって、だったら釣るな~。

私はというと、小さいシロギスちゃんが1匹かかっただけ。それも投げそこなって3mぐらいのところに落ちてしまったのを友達が「投げなおさせて」といって巻いたところにかかったので、なんだか自分が釣った気がしない。

そのほかの釣果はこんなやつ。

チビチビメジナちゃんPict0136     体長5cm。

大きかったらうれしいがただのエサとり。

チビチビ3兄弟くん。(ハゼ?40倍ぐらいに育てればマゴチにならないか?)Pict0140          そのほかウミウシくん、ヒトデさん。すげー、まさに五目釣り。

午後になると、ヒイラギでさえもぱったりとこなくなり、イワシのサビキの皆さんも、あまりよろしくない感じ。

友達は、退屈しているらしく新兵器『タコテンヤ』を取り出した。でも2~3回投げて飽きてしまい、次に意味もなくカニを採ってハリにつけてみたり、Sトロ仕掛けを取り出して意味もなく投げてみたりとしていたけど、もちろん何も釣れない。

Sトロ仕掛けを数回投げたところで、仕掛けが飛んでいってしまった。(結び方が悪いらしく、よく仕掛けやテンビンをなくす友達)ラッキーなことに、潮がこっちにむかっていたので、仕掛けは少しずつ近づいてきた。それを、タコテンヤで引っ掛けて回収。

・・・タコテンヤ、大活躍の巻。

私は辛抱強くチョイ投げ。サビキはチビメジナにエサを取られてしまうので放りっぱなし。

そんな感じでだらだらムードが漂っていたところ、友達が放っておいたチョイ投げ竿を巻いてみると、「おおーっ!」

きましたきました!

超かわいい~♪ Pict0143_1今日の本命のひとり、たこちゃん登場です。

「よかったじゃん、本命きて」というと、「テンヤじゃなくて普通にアオイソにくるとは、フクザツな気持ち」といいつつ、顔はうれしそうに笑ってました。

ま、タコテンヤは違った意味で活躍したしね。

んで、このタコは何タコですか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江ノ島で釣り

ボート釣りにいきたい!

と思ってましたが、会社の上役のWさんと同僚とでなんとなく「是非いきましょう」という話になり、江ノ島へ行ってきました。

江ノ島はWさんのホームグランドで、自転車で行ける距離にWさんの家があるのです。

最初は、磯釣り初めての私のために、駐車場の先にある岩場に連れて行ってもらいました。

投げは海草がひっかかりまくり、仕掛けをなくしまくりなのですぐやめて、ハリ1本でウキ仕掛け。

アジ1匹が釣れ、すぐに赤い可愛い魚が♪

と喜んでいたら、これが噂の「ネンブツダイ」だそうで、写真を撮ったりながめたりするまもなく、Wさん、躊躇せずリリース。

Wさんはクロダイを釣りたい人なので、小物には目もくれないらしい・・・。

同僚はベラを釣りました。

早朝は回りもイワシがつれたり、むこうのほうではイカがつれたりしてましたが途中からまったくぱったりとなにもこなくなり、潮も満ちてきたので、今度は板張りの防波堤のほうに移動。

おとなりではメジナをばんばん釣ってるおじさんとおばさん、反対側にはサビキの若いグループ。

どうしようかと迷い、結局サビキをやったところ釣れたのはコサバとイワシ。

コサバはイワシと同じ大きさで、エサ無しでバンバンかかります。

投げではやはり、ベラ。 うーむ、もっと大物は釣れないのか?ってかんじで、Wさんは早々にあきらめムード。私と同僚はイワシでもうれしいので一生懸命釣りました。

昼過ぎまで釣って、雨が強くなってきたので終了。

江ノ島は磯も堤防もありつり方もお好みしだいで、釣果も色々、楽しいところでした。

帰ってきて、せっかくなのでベラを食べてみることにしました。

かなり色がきもいし、ちょっと時間が経ってくさみが出掛かっていましたが、

3枚におろして唐揚にしてみました。

うーん、結構身は厚くて、鮮度がもっとよければ美味だろう。(釣ってすぐ内蔵をとらないとすぐ臭みが出るらしい)でも、次回からはリリースだな・・・って感じ?

コサバは酢漬けにしていただきました。

今回の釣果。

Pict0086 アジは一匹だけかー。でも釣れたからよかったよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初カレイat 大磯港

初カレイat<br />
 大磯港
日曜日はフリマに行く予定だったのに雨。

しかし雨なら空いているかもと、一人で大磯港へ出かけました。

着いたら土砂降りで雷も鳴っていた。

人はまばら。

少し小降りになったので、いつも混んでる角のところでチョイ投げ。

仕掛けはよくばりにがまかつキストーナメント仕掛け。私のコンパクトロッドには長すぎるのだけど、投げはこの仕掛けでないと実績がないのです。

雨の中置き竿もヒマなので適当に巻いていると、なんと一投目で途中から不自然な重みが。

なんの期待もせず巻き上げると…なーんーとーカレイさんです。体調は10cm位だけど私には初カレイ。
嬉しい!

さすががまかつ。なぜかこの仕掛けがくるんだよなー。

それからも数投後また同じパターンでカレイさんが。置き竿せずさびいてきてるのがよいらしい。嬉しいが連れがだれもいないから一人で内心密かに喜んでいると、雨があがりかけ、地元のノベ竿おじさんが少しずつ増えてきました。
エサなしでイワシつっている模様。

回りはノベ竿で誘ってる人ばかり、結構釣れてるので私もサビキ用竿を持ってきました。

女一人で釣ってるせいか、地元オヤジ連中が色々教えてくれました。釣りオヤジ、親切な人が多いよね。うざい場合もありますが、釣れてないとおみやげわけてくれたり。

特に私はへなちょこなので見るに見かねたのか、投げ方からタナとり方とか丁寧に教えてくれ、危険な感じのカサゴみたいなが釣れた時はみんなでメゴチバサミでとってくれ、エサがなくなればつけてくれ、イワシがかかればとってくれ…といたれりつくせり。中には怪しいウンチクもありますが、私のサビキ仕掛けの針が小さいのが釣れない原因だから、針を変えろといわれ、面倒だなと思ったけど、素直に変えてみたら…ホントに釣れ出したのには驚いた。

今まで針は小さいほうがいいのかと思っていたからまさに目からウロコ、イワシのウロコも落ちまくり釣れまくり。

私も短時間でイワシゲット。今日のイワシはカタクチではなくウルメです。

私にはかからなかったけどサヨリやコサバもきてるようでした。

ただし、投げはがまかつ仕掛けがやはり長すぎってことで2本針に変えたらやっぱなんにもつれなくなったけどね。本当は友達と行きたかったし、私がカレイを釣ったと知り、友達もくやしがったけど、お陰で色々教わったし、まずまずの釣行でしたー。

夕マヅメまでいなかったのですが4時間の釣果は、写真のとおり。

Pict0060_1

大物はいませんが楽しかった。全て唐揚げでいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒイラギを食べてみる

大磯で釣ってきた小さな魚たち。家に帰って早速さばく。

まずは豆アジ。体長はわずか6cmほどでリリースして当然のサイズだが、持ってきてしまったので食べてあげることに。

頭と内臓を取って、包丁の先を使って開いて、中骨を取る。

アジの開きのミニミニサイズができたが、流石に身がほとんど無いので、そのままカリカリに揚げて塩を振ってみた。

カリカリにしたら縮んで更に小さくなり出来上がりは500円玉ぐらいの大きさに。カブトエビ状になってしまった。でも、見事アジせんべいになって、カリカリとおいしく食べられました。

次に、シロギスはたった一匹だけど、内臓を取って定番の天ぷらに。

Pict0036 さて、食べてみるとこれが、うまい。実は私、シロギスは食べたのも今日が人生初である。

シロギス最高!身が白く繊細で香りがよい。ううーあと10匹ぐらい食べたいところ。(だったら釣ってみろ)

そして、最後にヒイラギ。

「ぬめりを嫌がる人が多いが実は美味で関西ではよく食べる」と読んだことがあるので、果敢にチャレンジ!

この、エイリアンのヨダレのようなすごいヌメリ。これを取らないとさばくのに支障がありそうなので、塩をまぶしてみたが思うようにとれない、そして、気をつけないとヒレにトゲがあって痛い。そこで、片栗粉(なぜか目の前にあったので)をまぶしてみたら、片栗粉がヌメリを吸収してはがれやすくなり、簡単に取れた。地方ではヌメリをとらないまま調理したりもするらしいけど、焼いたり干せばヌメリはなくなるのかな?

ヌメリがとれると、普通の手触りだ。ほっ。

刺身、干物や煮物、すまし汁がよいらしいが、今日の獲物は大きいものでも体長10cm、刺身や干物は大変そうなので、頭と内臓を取っただけでそのまま焼いてみた。(鋭いヒレも結構堅くて、取るのが大変だったから開かなかった)

焼くと、皮が簡単にはがれるし、骨がしっかりしてて身離れがよく、小骨も少なくて食べやすかった。

味は・・・確かにおいしい。高級感ある魚の香りと味が口の中に広がった。 以前食べた何かの魚の味に似ているとおもったんだけど、思い出せない。でもサンマとか味やイワシの味ではなくて、たまにしか食べたことがない魚のような・・・(だから高級感あると書いたんだけど。)

家の猫もたぶんヒイラギを食べるのは生まれてはじめてだろうと思ったので、ちょっとおすそ分け。 雑種のくせにゼイタクで、においをかぐだけで食べない魚もあるうちの猫だが、おいしそうに平らげた。

もし、ヒイラギを釣ってリリースしないでバケツの中で☆になってしまったら、是非持ってかえって食べてあげてください。難しいことしなくてもとにかく塩振って焼いてさえしまえば、食べられます。そして、おいしいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

大磯で初キス

いや~ん、恥ずかしい♪

・・・みたいな題名だけど、今日はまた大磯港へ行ってきました。

早朝出るつもりが、友達がどーしても起きなくて一旦流れ、結局3時過ぎに出発して、県営駐車場が閉まる夜8時に片付け終わって帰ってくるというプチ釣り。

現地に着いたのは4時すぎだったけど、『すずき釣具店』は混んでた。アオイソメとコマセと大磯サビキ、それから今日は石粉も買ってスタート。

港に行ってみると、混んではいたけど流石に時間も時間なので竿を出すスペースはありました。でもどうも回り全然釣れてない様子。

家族連れのバケツを覗き込んでも、カタクチとマイワシ一匹づつって感じです。

妹にサビキをやらせて、友達はのべ竿でやはり実績あるサビキ。でも私は、全然釣れないチョイ投げで意地になってるので、今日もチョイ投げ。それも、トーナメント用の長い仕掛けにハリが5つついてるやつを使用。以前本牧で見た、投げがうまいおじさんがハリ6つで投げてたのをちょっと真似してみた。。。。エヘヘ。

すると!程なく私の竿に小さいアタリが!

おおー、この竿でチョイ投げでアタリを感じたのは初めてだ!軽くあわせてみる。

でも全然重くないので、一旦とめてみる。そしたらやっぱり引いている。

「何かかかった~」と言ってリールを巻くと・・・

でたー、ヒイラギちゃん登場。

リリースしようと思ったけど、普段よりちょっとだけ大きいし、妹が見るの初めてなのでバケツに入れる。

イワシも釣れてないから、ヒイラギだって貴重だもん。

更にこの後もヒイラギ2連発。一辺に3匹かかるという、サビキも真っ青状態。トーナメント仕掛けがいいのか??更に、ヤドカリと、チビチビハゼが釣れた。

サビキはさっぱり何にもかからない。すげえ、今日の私。辛抱してちょい投げ続けた甲斐があったというものだ。

そして、ついにその時がきた。

ぴくぴくするので、またヒイラギかーと思い、ちょっと巻いてとめて、アタリを確かめてから巻き上げると、あがってきたのはやっぱりヒイラギ・・・だと思ったら、その2つ下のハリにも細長い魚がかかっている。

「おお?これは??」と思い、次の瞬間ピンときた。シロギスちゃんだ~!!待ってましたシロギスちゃん、ウェルカムっっ!

バラシでもしたら泣くので、慎重に取り上げる。ヒイラギは放っておいて、シロギスをみるとハリを飲み込んでいる。どこかで聞いたとおり、エラに指を入れて引いたらハリはすぐ取れた。おおーおおー、ほんとにシロギスだー、うれしいよー。

ずっと釣ってみたかった魚だ。小さいけれど、立派なシロギスだ。今日が人生初シロギス。ふふふふふ~。

試しに体長を計ってみたらわずか12cm。うわさどおりピンクパールに光っていてきれいだ。

Pict0035

それを見ていた妹がサビキをやめてチョイ投げ仕掛けに転向。しかし日が落ち、やはり風が出てきて、その後は友達のサビキに体長5cmほどのマメマメアジがかかったのみで、7時半に納竿。

正味3時間でしたが、釣果はヒイラギ5匹、豆アジ4匹、チビハゼ1匹、シロギス1匹。(この前あんなにつれたイワシはまーったくかからず、どこへいってしまったのやら。)

チビハゼは帰りまで元気だったのでリリースし、残りは持って帰りました。(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)